読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素晴らしき茜空の会 ウルトラ支部

ウルトラマンシリーズを見た感想を書きなぐります。不定期更新。本拠地では仮面ライダー1期の感想文書いてます。→ http://blog.goo.ne.jp/adelie__penguin

第15話不死鳥の砦

ウルトラマンメビウス
アライソ整備長の制止を振り切って出撃したため、ガンフェニックスは故障してしまう。最新鋭機ガンブースターで出撃するリュウ。しかし絶体絶命の危機を間一髪でウルトラマンヒカリが救った!傷ついたヒカリの前に現れたのは・・・宇宙警備隊隊長ゾフィー

予告にゾフィーさんがいたので、一緒に戦ってくれるんだ! ・・・とワクワクテカテカで見てたのに、ヒカリさんと話をしただけであった。無念。無念。

 

さておき。アライソ整備長ですよ。綿引勝彦さんですよ。豪華なキャスティングだなぁ。豪華なだけあって見せ場盛りだくさん。さすがは名俳優といった貫禄です。ありがとうございます。

そして、そんな整備長に無作法な態度をとるリュウさんな。ちょっともう、無礼にもほどがあるだろ、なんで年長者に向かってそんな態度を取れるんだ。俺が隊長なら一ヶ月整備班にぶっこんで、雑用係として徹底的にこき使ってもらうところだぞ。

 

そんなアライソさんとサコミズさんから語られる、GUYSの戦闘機の歴史です。確かに言われてみれば、20年も怪獣が出ていなかったのによくぞここまで研究や整備を進めていたよね。しかもメテオールの力を流用する実験とか。墜落に次ぐ墜落で、私が市民だったら確実に反対活動してるな。だって戦闘機落ちてくるとかシャレにならないぞ。

まあマジレスはさておき。そんなサコミズさんと、あのセリザワ隊長が中心になって、メテオール搭載戦闘機の開発が進められたと。しかし危険な技術だからと実用には至らず、第1話冒頭のディノゾール戦でセリザワ隊長が殉職したことで、ようやくGUYSガンフェニックスが実用化に至ったという。メテオール開発に尽力したセリザワさんが、メテオールが使用できず命を落としたとかさ、皮肉な運命すぎて辛い。

 

アライソさん。整備班の主みたいな存在ですが、セリザワ隊長に対して「脱出すればいいものを・・・機体とともにいっちまいやがって」 リュウさんに対して「だからあの小僧はトンチキだってんだ。脱出するくらいなら心中するって、おおたわけだ!」と、あくまで人命が優先で、 自分が整備した機体は二の次だという姿勢。高性能の機体を開発するとか故障しない整備をするとか、そこが目的じゃないんです。「乗員の命を守る」という大きな目的があって、全てはそのための手段なんですよ。ぶれない。かっこいい。すごくかっこいい。私、メビウスではアライソさん推しでいきますよ!

 

メテオール。とにかくメテオールの描写が大好き。燃える。熱いよね! 1分間しか使えない人外の力。この無敵感。いつも「おおおおお!」って歓声あげてます。こどもは放置して母一人で叫んでます。

あと、今回のガンブースターな。気流の荒い空中でエンゲージするとか正気の沙汰じゃねーよ、タイミングが狂ったら激突炎上まるっとオシャカだぞ!? いったん地上におりて合体できませんか? とか思うんですが、それはさておき。

とにかくガンブースター成立からのメテオール、マニューバーモードでの攻撃。もうめちゃくちゃ格好良かったです。Wikipediaによるとマニューバーモード時は航空力学を無視したUFO同様の動きが可能となるらしい。なるほど確かに。

そしてグロマイト撃破。ヒカリが参戦してないので「今回はメビウス一人で倒しちゃったよ」と呟く6歳長男に「違うよ、メビウスとガンブースターだよ」と訂正すると、「ガンブースター、強かったね」と。そうなんだよ。本当にもうメビウスは、地球人が主体となって戦うのが嬉しい。

 

ラスト。アライソさんとリュウさんがつかみ合いになって、「二人とも・・・仲直りしたんじゃ・・・」と困った顔になるミライくんに対し、サコミズさんが笑顔で肩をたたきます。

あのね、サコミズさんは「アレ」なんじゃないかなーと以前に推測をたてたんですが、ツイッター上を流れるネタでどうやらそれが当たっていたことを知ってしまいまして。当たってたよ!当たってたけど、こんな形で知りたくはなかった。無念。

ていうか。推測できるレベルで作ってくる方が脅威だよな。それを匂わす材料を撒いてるってことだろ?すごい。

さておき。この「ミライくんの肩をたたく笑顔」に、ミライくんに対する愛情とか慈しみ的なものが溢れていて、すごいや!って思った次第です。