読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素晴らしき茜空の会 ウルトラ支部

ウルトラマンシリーズを見た感想を書きなぐります。不定期更新。本拠地では仮面ライダー1期の感想文書いてます。→ http://blog.goo.ne.jp/adelie__penguin

第5話「逆転のシュート」

CREW GUYSの仲間と対立したジョージが、GUYSをやめたいと言い出した。ミライはそれを止めようと、サッカーで勝負を挑む。現れた怪獣サドラと、その姿を舌なめずりして見つめる不気味な女・・・。奮闘するメビウスとGUYSの前に、突如青い巨人が乱入した!

ジョージさん回です。

 

ジョージさん。「イカルガ」と名字で呼ぶと怒るジョージさん。

実力主義&結果主義で、結果が出せれば途中経過なんかどーでもいいじゃん系の人で、しかも実力が備わってるので余計それに拍車がかかってるし、それのどこが悪いのよ?と自覚すらまったくない系の人です。

まぁ。厄介。個人プレイなら良いんだけど、GUYSはチームプレイだから、厄介。

 

そんなわけで、チームプレイに全てを賭けるリュウさんと衝突して「どうやら!ここにも俺の居場所はないようだな!アディオス!」と捨て台詞吐いて出て行ってしまいます。

まぁなんだ、ジョージさんの態度がよろしくないというのは当然なんだが、リーダー(だよね?)のリュウさんも大概な感じはある。この人も我が道を行くっていうか、人と連携取ろうって姿勢があんまし見られないよねそういえば。

「文句あるやつは出てけ!」的な、問答無用の昭和頑固オヤジテイスト。リュウさんがリーダーシップに目覚める回とかも近いうちに期待したい。

 

結局、未来くんとサコミズさんのおかげで、チームの体裁が取れてる感じです。

 

「もし僕がジョージさんの流星シュートを止めたら、GUYSに残ってください」

 

仕方なく挑戦を受けるジョージさんですが、素人に俺の球は受けられねーよ、とタカをくくっていたのに、1本目をじっくり見つめた未来くん、2本目は止められないまでもボールに触るところまで行きます。さすがは宇宙人!これは!3本目で止めるフラグ!

 

と思いきや。素人が自慢の流星シュートに触れたことに衝撃を受けたジョージさん、3本目はガチの本気でオーバーヘッドキック、勢い余ったボールはアサッテの方向へ飛んでいくという「えぇぇなにこの展開!?」状態。

そこで、ジョージさんに駆け寄った未来くん。

 

「流星シュートを外すなんて!古傷が痛んだんですね!僕のせいです!僕が勝負しようなんて言ったから!」

 

いやそうじゃねーよ、完全にジョージさんのミスだよって話なんですが、

この、ジョージさんの能力を完全に「信頼」している未来くんに、「未来、お前サイッコーに変な奴だ!」と負けを認めます。

そしてその「信頼」に応えるべく、2度目のサドラ戦では確実に攻撃をヒットさせます。

さらに、メビウスがピンチのピコンピコンモードに入ったときは、神業レベルでサドラの攻撃を回避し、ギリギリまで接近してサドラの弱点である耳を破壊します。かっけぇ!これが逆転のシュートだよ!

メビウスは、この「メテオールの使用時間は1分だ」が熱いな!熱いな!

 

さてサドラを倒しましたよ!めでたしめでたし・・・かと思いきや、サドラが追加で2体出てきちゃってピンチ!

そこへ現れた謎の巨人。この正体は一体・・・?

 

「あぁ!ハンターナイトツルギ!ママこれハンターナイトツルギだよ!」(6歳長男)

敵のおばさんが「ツルギ」と呟く前に言うなよ早いな。

「これ、ヒカリだよ!ほらここ(図鑑)に載ってるでしょ!」

ヒカリの鎧モードらしい。あのな、そういう行為は一部ではネタバレと呼ばれて嫌悪されることも・・・いやなんでもない。

 

ともあれ。青いウルトラマンことヒカリさん登場の巻でした。

ところでいま気づいたんですけど、メビウスって全50話なのね。長いな。