読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素晴らしき茜空の会 ウルトラ支部

ウルトラマンシリーズを見た感想を書きなぐります。不定期更新。本拠地では仮面ライダー1期の感想文書いてます。→ http://blog.goo.ne.jp/adelie__penguin

第3話「ひとつきりの命」

ウルトラマンメビウス
かつてウルトラマンタロウ達を倒した火山怪鳥バードンが現れた!メビウスもまた、バードンの嘴の毒に倒れてしまう。毒に冒されてもなお、たった一つしかない3分間の命を削りながら戦うウルトラマンの姿に、リュウはある決意をして立ち上がる・・・。

前回から一週間あいて、話も忘れかけてたわけですが(それが通常サイクルです)

スタートダッシュも終えて、落ち着いた話をやるのかな〜と思いきや、

いやいやこれがなかなかに熱い展開で、「メビウスいいぞ!」ってなりました3話。 

 

前回、ほぼ勢いでガイズの加入を決めたジョージ、マリナ、コノミですが、

それを後悔こそしていないものの、やはりそれまでの生活に未練を残したままの状態。 

 

そこへ現れたのがバードン。ぱっと見ユニークな外見だけど両頬にあるのは毒袋で、

かつてはその猛毒でタロウの命を奪ったこともある強敵。

こういう歴史のつながりがあるので、ウルトラマンは奥が深いし、

初心者はビビるのです。テッペイくんがちゃんと説明してくれるけどね。 

 

この分析・解説役のテッペイくんが、

かつてウルトラマンも死んだことがあること、けして不死身ではないことを教えてくれます。

うん、死んだウルトラマンの命を救うために、

命を2つ持ってきたウルトラマンの話を、列伝で見たことあります。

「え?命って個数単位で持ち運びできんの!?」って思いましたが、さておき。

 

簡単に生き返れるんだから不死身みたいなもんじゃね?という

視聴者の疑問を代弁するジョージに対し、

「でも、絶対に生き返られる保証なんて、どこにもありません!」と訴えるミライくん。

そもそも、他の惑星までわざわざやってきて平和を守ってくれる

正義と博愛の存在だからね。ウルトラマンは。

 

バードンの前に最初にメビウスが現れたとき、

リュウは「また出やがった」などと言っていたわけですが、

メビウスが命を賭して戦っている様子を目の当たりにしたとき、

彼はメテオールメビウスの危機を救います。熱い! 

 

「おい!ウルトラマン!俺はな!

 たったひとつしかねぇ大事な自分の命を粗末にするようなヤツに!

 この星を守ってもらおうなんて思わない!」 

 

リュウ、口が悪いのな(笑) 

 

で。タイミングをあわせて毒袋を狙ったガイズの攻撃、

メビウスのビーム、リュウメテオールで、

周辺被害を出さずにバードン撃破です。素晴らしい!素晴らしい! 

 

カラータイマーについてミライは

「一緒に戦う誰かに自分の状態を知ってもらえるのって、心強いんですよ」と答え、

ガイズメンバーは、まだ頼りないメビウス

ウルトラマンと一緒に戦うこと」を自分の使命だと心に決める。

今回も良い話でした。 

 

ところで。要所要所で現れる「GIG!」という掛け声について以前調べたことがあるので、

おそらくメビウスの最終回を列伝で見てる気がする。ほぼ覚えてないけど(苦笑)